MENU

アメリカ性排卵検査薬で排卵日を特定

 

アメリカ製の排卵検査薬を何度も使用して、排卵日を特定し、子作りをしているもののなかなか妊娠できないという場合には、不妊の可能性もあります。
妊娠活動を続けていても結果が出ない場合には、不妊症として扱われています。

 

特に年齢が高ければ高いほど不妊の可能性がありますので、一度不妊検査を受けてみるべきです。
しかし不妊検査を受けたものの不妊ではないと判断され、それでもいつまでも妊娠できない場合には、特定の原因がない不妊である可能性があるのです。

 

特定の原因がなくても、妊娠できないという事は決して珍しくないのです。
1年目が経過したあたりでも、医学的なサポートなどもなしに、自力でタイミング法を行うというのは本当に効果があるのかと不安になっている方も多いでしょう。

 

不妊治療は治療方法によって多胎妊娠リスクが高くなったり、流産のリスクが上昇しますので、どのタイミングで、どのような不妊治療の方法にトライするのか、またドクターによっても意見は全く異なります。

 

患者側にとっても決断が求められるのです。
少しでも早い段階で排卵誘発剤を使用するようにして、妊娠できるケースもあります。
つまり、この方法が良い!というのは人によって全く異なるのです。

 

自然主義によるタイミング法にこだわるのであれば排卵検査薬は惜しむことなく、たくさん使用し排卵日の特定に全力を注ぎましょう。