MENU

アメリカ性排卵検査薬と不妊の原因

 

アメリカ製の排卵検査薬を使用して、排卵日の特定を行っているにもかかわらず妊娠できない、という場合には体質などが関係しているかもしれません。
若ければある程度気長に妊娠を待つこともできますが、年齢を重ねるとこのまま妊娠できないのではないかと不安になってしまうのも当然です。

 

いつまでも妊娠できないのであれば、原因が何なのかを一度考えてみましょう。
実は肥満体型というのは妊娠を阻害する非常に大きな障害の1つとなっています。

 

痩せすぎている、というのも良くはありませんが、標準体重を明らかにオーバーしてしまっていると妊娠した時の赤ちゃんに障害が出ることもあります。
太っているだけで、どのようなリスクを抱えるのかと驚かれるかもしれませんが、肥満体型である人は妊娠率アップに欠かすことができない適度な運動もなかなか行いません。

 

逆をいえば適度な運動を行っていないかこそ肥満になっているのです。
そのため肥満体型なのであれば妊娠しやすい体質づくりのために運動を行うようにしましょう。

 

そうすれば自然と体重も減少していき、妊娠しやすい体質になってきます。
肥満であることが妊娠だけでなく、体のためには決して良いことではありませんので、できるだけ早く運動を取り入れてください。