MENU

排卵検査薬ならアラクスがおすすめ?

 

妊活の1つとして、アラクスの排卵検査薬を使用している方も多いと思いますが、そういった方の中には不妊に悩んでいる方も多いでしょう。
女性と男性が出会ってセックスをすれば、すぐに子供ができるというのは普通の話だと思われるかもしれません。

 

しかし、セックスをしても受精までが非常に長い道のりがあるのです。
女性は生まれてから約200万個の卵子が活動を止めた状態で卵巣内で待機しています。

 

そこから少しずつ卵子の数は自然と減少していきますが、7歳になる頃にはその数は50万個にまで減少します。
卵胞が活動をスタートさせる思春期には20万個から30万個にまで減少していきます。

 

思春期が訪れて月経を迎えると、それまで眠っていた卵胞細胞は活動開始し、そこから排卵を繰り返すことで卵子の数が減少していくのです。
卵子の数が少なかったり、卵子の質自体が低下しているような場合には、妊娠しづらくなります。

 

同じように精子も年齢を重ねることで、少しずつ質が低下していくことがありますので、夫婦どちらかの卵子、精子が正常でない場合は妊娠しづらくなります。

 

つまり不妊なのであれば、女性はもちろん男性も不妊検査を受けるようにしましょう。
そうすることでより効率よく不妊の原因を解消することができます。